よく学び よく遊ぶ
  • Rainbow Scissors
  • Triple Baloon
  • T Tower
  • ホルン型張力膜
  • 品川シェルター
  • A-Sphere

発表論文

2016年度

■日本大学理工学部学術講演会(2016年12月3日)


   レンズ型二重空気膜構造の偏分布荷重時の基本的力学性状に関する研究

     ○宮内隼

   レンズ型二重空気膜構造を用いた圧力制御方式のガスホルダーへの適用性に関する研究

     (その1)ガスホルダーの提案モデル及び実験的検討 ○星野侑史

     (その2)空気層の圧力変化が隣接空気層に及ぼす影響について ○大賀勇義

   ローラーコースターの台車の動的移動が架構に及ぼす影響に関する基礎的研究

     ○清田久智

   カーボンナノチューブ型分子構造を有する骨組架構 の構造特性に関する基礎的研究

     ○菱木晶士

   四辺単純支持された建築用板ガラスの耐風圧強度に関する基礎的研究

     (その1)ガラスのアスペクト比と板厚が破壊荷重に及ぼす影響の把握と許容耐力の評価 ○冨澤彩菜

     (その2)破壊性状と起点の応力の把握 ○秋庭崇人

   段ボールの曲げ強度に関する実験的研究

     ○小池健之

   ETFEフィルムのクリープ・リカバリー性状に関する基礎的研究

     ○内田啓太

   ETFEを使用したレンズ型二重空気膜構造の基本的力学性状に関する研究 -負圧荷重下における膜張力 消失時と繰り返し荷重時の挙動の把握-

     ○中村咲瑛子

   膜天井に用いられる膜材料の引張強度試験

     ○伊藤拓朗

   ケーブル補剛した面格子壁の構造特性に関する実験的研究

     ○永峰馨



■日本建築学会大会学術講演(九州)(2016年8月24日〜8月26日)


   アーチ突き上げ方式によるばねストラット式張力膜構造に関する研究

     (その1 風洞実験及び数値解析モデルの妥当性の検証) ○大賀勇義(日本大学)

     (その2 数値解析的検討) ○相浦究(フジタ)


   キャメルコースターの地震応答性状に関する基礎的研究

     (その1 検討モデルの提案と地震応答性状の把握) ○小池健之(日本大)

     (その2 簡易評価手法の提案) ○菅野貴行(竹中工務店)


   ケーブルを用いたスポークホイール型大観覧車の地震時挙動に関する基礎的研究

     (その1 基本振動特性の把握と数値解析手法の妥当性の検証) ○星野侑史(日本大)

     (その2 スポーク質量・角度や駆動装置によるリム拘束が地震時挙動に及ぼす影響) ○石橋秀教(日本大学)

     (その3 スポーク数やリム断面が地震時挙動に及ぼす影響) ○宮本悠平(大成建設)


   プレストレスト・ビーズ・ストリング(PBS)構造の三次元曲面への適用性に関する研究

     (その1 等分布載荷による実験的検討) ○宮内隼(日本大)

     (その2 線材置換モデルを用いた数値解析的検討) ○東駿介(前田建設工業)


   建築構造用ケーブルの可とう度に関する実験的研究 ○清田久智(日本大学)


   四辺単純支持された建築用板ガラスの耐風圧強度に関する基礎的研究

     (その1 破壊荷重の把握と統計分布の適合性の評価) ○秋庭崇人(日本大学)

     (その2 板ガラスの破壊荷重と破壊モードについて) ○伊藤拓朗(日本大学)

     (その3 等分布荷重時の変形モードと応力分布に関する数値解析的検討) ○村田雅也(NTTファシリティーズ)


   プレストレスを利用したガラス構造に関する研究

     (その1 アーチ形状架構への適用と基本的構造特性の把握) ○菱木晶士(日本大)

     (その2 数値解析による検討) ○篠俊太郎(清水建設)


   木造面格子壁の動的性状に関する基礎的研究

     (その1 相欠き仕口の動的載荷実験) ○永峰馨(日本大)

     (その2 相欠き仕口の加算則の検証とエネルギー吸収性能の把握) ○冨澤彩菜(日本大学)

     (その3 限界耐力による試設計) ○相川翔太(A.S.Associates)


2015年度

■日本建築学会大会学術講演(関東)(2015年9月4日〜9月6日)


   らせん形状を有する構造体の基本的構造特性に関する研究

     (その1 単一部材を対象とした実験的検討) ○宮内隼(日本大)

     (その2 アーチ構造への適用性に関する実験的検討) ○朝日隆太朗(清水建設)


   ケーブルと曲げ材で構成された鞍型HP曲面構造の基本的構造特性に関する研究

     (その1 曲げ材とケーブルの断面積比の影響の把握及び座屈実験の概要) ○篠峻太郎(日本大)

     (その2 座屈挙動の評価および試設計を通じた構造特性の把握) ○足立識文(竹中工務店)


   薄板直線部材により構成された木質一葉双曲面構造の構造特性に関する基礎的研究

     (その1 形状形成時応力の評価及び施工実験) ○冨澤彩菜(日本大)

     (その2 鉛直荷重時における線形座屈固有値解析による検討) ○大竹英明(三井造船)


   U字型コースターの地震時挙動に関する基礎的研究

     (その1 検討モデルの提案と解析モデルの妥当性の検証) ○清田久智(日本大)

     (その2 台車の移動が架構に及ぼす影響について) ○菅野貴行(日本大)

     (その3 台車の移動が地震応答性状に及ぼす影響について) ○前田浩靖(JFEエンジニアリング)


   相欠き仕口を用いた木造面格子壁の基本的構造特性に関する研究

  (その1 相欠き仕口・面格子壁の静的載荷実験によるエネルギー吸収性能) ○相川翔太(日本大)

     (その2 相欠き仕口の動的載荷実験による載荷速度の影響) ○星野達哉(建構造研究所)


   ETFEフィルムを用いたばねストラット式張力膜構造の強風時の構造挙動に関する研究

     (その1 風の乱れ強 さが風圧力特性に及ぼす影響) ○吉野誠一(日本大)

     (その2 柔模型を用い た風洞実験及び数値解析手法の妥当性の検証) ○相浦究(日本大)

     (その3 風の乱れ強さおよび束のばね剛性が膜面応答へ及ぼす影響) ○中川梨菜(日本ERI)


   矩形平面を有するレンズ型二重空気膜構造に関する研究

     (その1 ケーブルの径と素線構成による疲労特性の比較) ○宮本悠平(日本大)

     (その2 数値解析モデルの妥当性の検証及び静的応答性状の把握) ○菱木晶士(日本大)

     (その3 変動風荷重時の動的応答性状を考慮した内圧設定手法の提案) ○篠塚皓太(東海旅客鉄道)


   建築構造ケーブルの屈曲が疲労特性に及ぼす影響に関する実験的研究

     (その1 アスペクト比が風圧力特性に及ぼす影響) ○大賀勇義(日本大)

     (その2 応力振幅による疲労特性の比較と評価) ○染谷健太(太陽工業)


   アウタースキンに多孔板を用いたダブルスキンファサードに関する基礎的研究

     (その1 インナースキンに作用する平均風圧係数の把握) ○村田雅也(日本大)

     (その2 インナースキンに作用する変動風圧特性の把握とピーク風力係数の導出) ○小林紘子(旭ビルウォール)


   プレストレスト・ビーズ・ストリング(PBS)構造の基本的構造特性に関する研究

     (その1 アスペクト比が風圧力特性に及ぼす影響) ○東駿介(日本大)

     (その2 応力振幅による疲労特性の比較と評価) ○堤南平(日本郵政)



2014年度

■日本大学理工学部学術講演会(2014年12月26日)


   らせん形状を有する構造体の基本的構造特性に関する研究

     ○朝日隆太朗

   ケーブルと曲げ材で構成されるHP曲面の基本的構造特性に関する研究

     ○足立識文

   薄板材を用いた木質一葉双曲面の構造特性に関する研究-形状形成に関する理論式の整理と応力について-

     ○大竹英明

   高さが60mを超える遊戯施設の主要な支持部分の構造設計手法に関する研究

     (その1)小規模試験体を用いたU字型コースターの実験的検討 ○菅野貴行

     (その2)U字型コースターの解析モデルの構築と解析的検討  ○前田浩靖

   多孔板を用いたダブルスキンファサードの耐風設計に関する研究-インナースキンに作用する風圧力特性の把握-

     ○小林紘子

   レンズ型二重空気膜構造の内圧設定手法に関する研究-アスペクト比が風圧力特性及び静的応答に及ぼす影響について-

     ○篠塚皓太

   建築構造ケーブルの屈曲が疲労特性に及ぼす影響に関する基礎的研究

     ○染谷健太

   プレストレス・ビーズ・ストリング構造の基本的構造特性に関する研究-片持ち柱モデルの剛性の変動と座屈現象について-

     ○堤南平

   ETFEフィルムを用いたばねストラット式張力膜構造の強風時の構造挙動に関する研究

     ○中川梨菜

   伝統的木造建築物の耐震要素としての木造面格子壁に関する研究-相欠き仕口と面格子壁のエネルギー吸収性能について-

     ○星野達哉

   ケーブルを用いたスポークホイール型観覧車の基本的構造特性に関する研究

     ○宮本悠平



■建築学会大会学術講演(近畿)(2014年9月12日〜9月15日)


   ホルン型張力膜構造の強風時の実測結果に基づく動的応答性状

     (その1 実測結果と風洞実験結果の比較) ○城一祐樹(清水建設)

     (その2 実測結果と風洞実験結果に基づく動的応答性状の比較) ○篠塚皓太(日本大)


   ホルン型張力膜構造のピークファクターを用いた動的応答評価に関する研究

     (その1 規模の変化が風圧力特性に及ぼす影響) ○中川梨菜(日本大)

     (その2 ピークファクターを用いた動的評価の適用性について) ○綛谷友昭(佐藤総合計画)

     (その3 部分模型の風洞実験結果を用いた応答評価手法の可能性について) ○相浦究(日本大)


   張力消失を許容したケーブル構造の動的応答性状に関する研究

     

     (その1 ケーブルの緩みを考慮した解析モデルの提案と妥当性の検証) ○前田浩靖(日本大)

     (その2 ケーブルの緩みに伴う衝撃的張力変動の評価手法の検討) ○上松幸平(アウェイ建築評価ネット)


   建築構造ケーブルの設計用許容側圧の適正化に関する基礎的研究

     (その1 ケーブルの側圧試験及び断面形状の変化) ○染谷健太(日本大)

     (その2 静的引張試験及び引張疲労試験) ○有路亮平(神鋼鋼線)


   プレストレス・ビーズ・ストリング (PBS) 構造の基本的構造特性に関する研究

     (その1 アーチの形成と付加荷重時の応力変形挙動について) ○堤南平(日本大)

     (その2 座屈挙動の把握と試設計) ○小俣智司(横河システム建築)


   靭性型木造面格子壁に用いる設計用基準強度に関する基礎的研究

     (その1 相欠き接合部曲げ試験) ○星野達哉(日本大)

     (その2 実大規模面格子壁せん断試験及び数値解析による検討) ○相川翔太(日本大)

     (その3 ・i・q間隔をパラメータとした数値解析的検討) ○朝日隆太朗(日本大)

     (その4 木材の強度のばらつきが面格子壁の構造性能に及ぼす影響について) ○佐藤公紀(大成建設)



■第60回構造工学シンポジウム(2014年4月26日)


   プレストレスを利用したガラス構造の適用性に関する研究−ユニット連結方式による梁型構造の応力制御効果と基本的構造特性の把握−

     ○足立識文(日本大)