岡田 章

(おかだ あきら)

Akira OKADA

博士(工学)

一級建築士

1954年2月生 徳島県徳島市出身
徳島県立城南高等学校卒業
【経 歴】
1977(昭和52)年3月 日本大学理工学部建築学科 卒業
1979(昭和54)年3月 日本大学大学院理工学研究科 博士前期課程建築学専攻 修了
1982(昭和57)年3月 日本大学大学院理工学研究科 博士後期課程建築学専攻 単位取得退学
1982(昭和57)年4月〜1990(平成2年)3月 株式会社 竹中工務店
1990(平成2)年4月〜2000(平成12)年3月 日本大学理工学部建築学科 助手
2000(平成12)年4月〜2004(平成16)年3月 日本大学理工学部建築学科 専任講師
2004(平成16)年4月〜2007(平成19)年3月 日本大学理工学部建築学科 助教授
2007(平成19)年4月〜2014(平成26)年3月 日本大学理工学部建築学科 教授
2014(平成26)年4月〜 日本大学理工学部 次長

【受 賞】

文部大臣賞 (1985), IASS Tsuboi Award (1997), 理工学部学術賞 (教育分野) (2000), 第16回JSCA賞 作品賞 (2005),

Aluprogetto Award ex-aequo 1st prize (oval dome/bio structure) (2006), 日本建築学会教育賞 (教育貢献) (2007)

【キーワード(研究テーマ)】

空間構造、ドーム、アトリウム空間、ガラスファサード、新素材、ケーブルと膜、テンセグリック構造、空間構造の歴史、構造教育、スタジアム