CAMPUS WATCHING

B ウェルカム・ドーム

学生達による手作り創作活動の「習志野DOME」の一環として、1997年に現在のテクノプレース15がある場所に建設された。

船橋校舎の入り口にあることから、歓迎を意味する「ウェルカム・ドーム」と名付けられた。

テクノプレース15の建設に伴い、現在の位置へ移動された。

このドームの構造であるTGD (Tension Grid Dome) は、不安定な四角形の格子をストリングによって安定させたものである。

この構造の特徴としては剛接合されたドームに比べ曲げによる力が発生しないため、部材を細くできること、
柱と柱の距離を長くできることなどが挙げられる。

また、軽量化により重機を使わず人力のみで行うことができる。

このドーム形状は曲面を描いているが、このような曲面をEP (Elliptic Paraboloid:楕円放物面) 曲面という。

ウェルカム・ドーム_1
ウェルカム・ドーム_2
ウェルカム・ドーム_3
ウェルカム・ドーム_4