CAMPUS WATCHING

K 先端材料科学センター

この建物に冠された「先端」を建築の構造技術にとっても意味のあるものにしたい。

規模こそ小さいが、将来の発展にとって少しでも役に立つ革新性のあるものを造りたい。

これが構造設計担当者たちの気持ちであった。

結果として、このアトリウムの空間構成に当たって次のような3つの構造システムを提案することができた。

1. 屋根架構−二方向張弦梁による三角形屋根

2. ブリッジ−非固定式による張弦梁トラス歩廊橋

3. カーテンウォール−ケーブルグリッド方式のMJG (Minimum Joint Glazing) 工法によるガラスファサード

いずれもテンション材との組み合わせによるハイブリッド構造であり、技術的にもデザイン的にも、
「洗練された未来性」といったイメージの実現を狙っている。

先端材料科学センター_1
先端材料科学センター_2
先端材料科学センター_3
先端材料科学センター_4